So-net無料ブログ作成

だっことおんぶ [お産と子育て]

我が家の三人目のちびっこ、れむも9ヶ月になりました。
常におんぶです。
おんぶしていないと、家事もなにもできないもの。

いいこにお布団でお昼寝なんて、ぜったいにしてくれないけど、
おんぶしているとよく寝ること。

お出かけも、3歳になった次女がまだバギーを使っているから、
れむはいつも背中に。
抱っこしているよりらくだし、動きやすいのです。

こども三人、あれこれ抱っこひもやスリングを試してきました。

日常のおんぶは、ゆらの時から使っているエルゴが
一番らくちん。6年も使ってるんだー。
昔ながらのおんぶひもみたいなのも使ってみたけれど、
やっぱりエルゴに落ち着きました。

そしてお出かけ用には、
sun&beachのベビーキャリア。
エルゴとほぼ同じ作りで、でも細かいところがやはり、
日本人に合っているかも。

おしゃれでらくちんおんぶひもを探したら、
これかなー、って、高価だけど、必要な物だから仕方ない。
白が欲しかったから、オーガニックコットンのモデル。

抱っこには、
コンパクトになって、らくちんで、両肩で支えるタイプで、
頭を支えられるもの、で、服に合うもの、という要望を満たすのは、
キューズベリーしかなかったので、
使ってみました。

が、今まで快適なだっこひもを使っていたので、
いうほどらくちんさを感じなかった〜。
でも、このタイプのだっこひもも欠かせません。

ちなみにるり(次女)の時は、
DIDYMOSスリングという、ながーい一枚の布を巻いて
抱っこしていました。
これが一番らくで、使いやすくて、よかったのだけど、
かさばるのが難点。

本当に、月齢によっても、用途によっても、
こどもによっても、ぴったりなだっこ&おんぶひもは
変わってくるけれど、
いかに使い心地がいいだっこひもとおんぶひもを使っているかは、
日々快適にくらすために必要不可欠なこと!

3人でいったいいくら費やしたのだろうな。

体力が続く限りは、できるだけだっこ&おんぶしてあげたいもの。
バギー使うのは、二歳近くになってからかな。

不思議なのは、前向きな気持ちでいるときは、
こどもの重さを感じなくなること。

ずーっとおんぶしていても、
それを忘れるくらい、軽く感じることがよくある。
自分のエネルギーが軽くなっているとね、
こどもまで軽くなっている?!

そうなったら、山登りもらくらくだよ。

自分の意識次第で、こどもの重さの感じ方が変わることに、
みんなが気が付いたらいいな。

こどもだけじゃなくて、荷物の重さも感じなくなる
ということにも。

ねー。

そうすると、
なにかと荷物の多い
こどもたちとのお出かけも楽しくなるから。


sc00006f9f.jpghttp://purisia.jimdo.com

地球のうえに、太陽とともに、宇宙と調和して生きる

                   みんなが気持ちよく生きるために    すべてと調和した暮らしのために    自然で天然あるがままの自由へ                        ちびっこたちと一緒に、現実世界もスピリチュアルも、文明社会も自然な暮らしも統合した、新たな世界を築くために    そこからうまれた絵をこちらのブログにのせています・・・Love&Light                                      * * *

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。